« 岡山市芸術祭 ~ パンフレット、ホームページ | トップページ | ご来場御礼♪ »

2014年12月27日 (土)

弦を張り替えました!

本番まであと2週間近く。

少し余裕を見て、早めに弦を張り替えました。wrench

G線とD線はバイ~ン、ガシャガシャという若い音clubがしています。
A線とE線はツヤのない丸い音pigがしています。

弦は張ってから少し弾いて、落ち着いたくらいがshine一番良い音shineがします。

学生時代のように毎日何時間も弾いていれば、張り替えばG線とD線を本番一週間前、A線とE線は前日張り替えで十分伸ばすことができていたのですが、さすがに社会人ともなるとそうはいきませんので、ちょっと早めに替えています。

弦を張り替えると、danger本番間近!って感じがして身が引きしまります。
スイッチが入ると、ついつい時間を忘れて弾いちゃいますね、平日の夜でも…coldsweats01

 

 

【弦の寿命】

「切れるまでgood
って言ったそこのアナタ、かなりの猛者です。

新しい弦がすぐに切れることもあるし、古い弦が延々切れないこともあります。

正解は「良い音が鳴らなくなったら」か、「演奏会の1~2週間前まで」というところでしょうか。

せっかく新弦を慣らしても、本番直前とか、本番中に弦が切れると困りますね~。
幸い、今まで自分の楽器の弦が本番中に切れたことはありませんが、本番前に他人の楽器の調弦をしてる時は神経を使います。

念のため、外した古弦も捨てずに1セットは持っておいて、リハとか、本番直前まで備えています。(こういう場合は、古弦を張ったほうが、新弦のG線やD線より良い)

また、本番中に弦が切れるなどのアクシデントがあった際に備えて、あらかじめ予備楽器をトップサイドに置いておくのですが、持ち替えた瞬間に

「ヤバイ…shocksweat01

って思うくらい、終わっちゃった弦を張ってあるものに当たってしまうことがあります。

 

 
以前に一度、本番中に調弦がどうしようもなく狂ってしまい、指揮者さんと目配せして予備楽器に持ち替えたことがあります。

(ちょっと…ね)

(ですよね…ちょっと失礼)

キリの良いところまで待って、持ち替え。

「…sign02 wobbly

一音弾いた瞬間に、凍りついたのは今でもよく覚えています。サビだらけの楽器に、サビだらけの弦が張ってあるものがトップサイドに置いてあった…。いやいやいや、それ、アカンやろ~!?

恐る恐る目を上げたら、指揮者さんからまた目配せ。

(楽器、戻して…今)

(ハイ…sweat02

終わっちゃった弦が引き起こしたアクシデントです。

 

ということで、弦のコンディションの重要性について、徒然なるままに書いてみました。

あ~…明日は練習だ~。コソ練しとこ…。

« 岡山市芸術祭 ~ パンフレット、ホームページ | トップページ | ご来場御礼♪ »

Concert」カテゴリの記事

Ensemble」カテゴリの記事

Mandolin」カテゴリの記事

Okayama」カテゴリの記事

Orchestra」カテゴリの記事

マンドリン」カテゴリの記事

岡山」カテゴリの記事

活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1891728/58391725

この記事へのトラックバック一覧です: 弦を張り替えました!:

« 岡山市芸術祭 ~ パンフレット、ホームページ | トップページ | ご来場御礼♪ »